ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

ポケモンソード&シールド発売まであと1日!

どうもこんにちは! いるです!
ポケモンの新作まであと1日ですよ! 今年一番、仕事を辞めたい気分です! 楽しみというより緊張感が高まっています。なぜだ!

 

なにはともあれ、私にとってのポケモンは子供のころからずーーーっとプレイしていて、もはや模型以外の趣味とも言えます。
なにも考えずにストーリーを追うのもいいんですが、やっぱり一番楽しんでる部分は対戦ですね!

と、いうことで、今回はポケモンの対戦についてちょっと話します。

 ポケモン対戦って?

色んなルールがあるんですが、自分はシングルバトルで遊ぶことが多いです。

育てたポケモン6匹でパーティーを組み、お互いそのパーティーを見せ合う。時間内にそのなかから3匹を選び、単純に相手のポケモンをすべて倒せば勝利となります。

この「見せ合い」の段階がけっこう重要で、「相手がこのポケモンを最初に出してきそうだから、私はこれを・・・」「もし別のポケモンが来たら、これで対処して・・・」など、いろんなことを考えて3匹を選びます。予測があたっていれば有利な状態から始まりますし、逆に読み違えると絶望的な状況から始まります。

 

そして前作までの仕様なんですが、ポケモンの対戦にはレート戦というものがあります。単純に勝てば数字が上がり、負ければ減る、という仕様です。

1500からスタートし、数字の振れ幅は大体5~25くらい。数か月単位でシーズンがあり、その間に上げたレートによって順位が決まります。ちなみにトップはだいたい2100くらい。2000を超えると強者と呼ばれます。

 

で、ポケモンにもガチ勢と呼ばれる人たちがいます。ほぼ勝つためだけにポケモンを選び、環境を見極め、技を選び、勝利こそ絶対、という方たちです。

逆に楽しむことを目的とした人はエンジョイ勢と呼ばれます。マイナーなポケモン使ったり、変な技を覚えさせたりですね。

ちなみに私はその中間択と言いますか、好きなポケモンを使って勝ちたい勢、です。マイナーポケモンを使ったり制限とかしてるけど、別に負けてもいいやーと思っているわけではなく、きちんと勝ちたいと思っている。

オニゴーリに3タテされたときは、くやしくて、仕事に手が付かなくなりますね。

 初代パで挑戦してみる

それで私はどんな遊び方をしているかというと、対戦(シングルバトル)では初代のポケモンしか使いません。つまり、一番最初のポケモンに登場した、151匹からパーティーを組んでいます。(対戦で使用できるのは149匹)

なんでそんなことをしたのかというと、昔から遊んでいた者として、初代のポケモンに思い入れがあるから。

そのなかでも特に、カイリューが好きだからです。

 

実際ですね、最初はかるーい気持ちでした。そんな縛りプレイをしても、勝敗とかあんま変わらんだろー、ちょっとやってみるか、みたいな。

しかしまー、勝てませんでしたね・・・。

初代パはオメガルビーアルファサファイアの時代に始めたんですが、組んだ段階では「これはいける!」と思っていたパーティーも、いざ挑むとぼっこぼこにされました(笑)

ステルスロック、電気、フェアリーの一貫がやばい。きついポケモンも多い。ガブリアスが止まらず、ファイアローに駆逐され、メガガルーラに蹂躙される。完全なサンドバック状態でした。(ポケモン分からない人、すいません)。

意外といけるんじゃないか、と思っていましたが壮大に玉砕。あんまりにも勝てないので、けっこう落ち込んだりもしました。たかがゲームなのに。

 制限プレイをして気付いたこと

もうやめようかなーと思ったりもしましたが、ふと思いました。すこし、待てと。

ポケモンの対戦にも定石というものがあって、私はそれに囚われていたのではないか?

ポケモンも、技も、もちものも、最善と呼ばれているものを選択しているだけで、まだまだ工夫する余地があるのではないか?

カイリューと言えば、こだわりハチマキを持って突撃するか、りゅうのまいを踊り狂うだけだろうか? メガ進化といえば、ガルーラ、ゲンガー、リザードンギャラドスだけだろうか? 種族値や環境のせいで、見向きもしなかったポケモンに可能性はないか?

ファイアローのせいで対戦環境にほとんどいなかった格闘ポケモンですが、タスキをもたせたら意外といけたカイリキー。メガ進化といえばガルーラだったときに、Dに厚く振ったメガヤドランの素晴らしい活躍。どうせステロを巻かれるからと毎回初手に投げていたカイリューは、豊富な技で確実な仕事をこなしてくれた。ナットレイに、炎技を撃ち込むのはいつもお前だった。(またまたポケモン知らない人はすいません)

 

そうしてなんとか工夫していくと、すこしずつ勝てるようになり、大体1800~1900くらいまではレートを上げるようになりました。残念ながら2000は超えれませんでしたが、気付いたんですよね。

制限プレイをしても、なんとか勝てるじゃん、と。それがわかったとき、私にとってポケモンの対戦はすごく楽しいものになりました。

 

別にガチ勢を否定はしません。むしろ、私が楽しくポケモンをやれる一要素です。勝つことが楽しいというのであれば、その道を突き進んでほしいです。そういう人と、私は戦いたい。そして勝ちたい!

 

とはいえ、偉大な先人たちはたくさんいて、統一パやマイナー使いが2000を超えることもよく見ます。強い人はやっぱり強いんですね。自分もそういう、エッジのあるポケモントレーナーになりたいです。

 

 ソード&シールドからはポケモンの種類がかなり削られ、対戦環境ががらっと変わることになりますが、今回も自分なりに楽しさを探して遊んでいきたいですね。ではでは。