ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

【厳選】模型を始めるとき、絶対揃えておいた方がいい工具!

今回は、ガンプラ初心者。または作ってみたいと思っている方に、絶対に揃えてほしい工具をいくつか紹介したいと思います!

とりあえず、ガンプラ(っていうか模型)って、ランナーからパーツを切り離して
組み立てればいいわけです。

ですので、最初に揃えてえほしい工具はずばり、この三つになります。

薄刃ニッパー。

デザインナイフ。

ヤスリ。

基本的にこの三つさえあればガンプラくらいなら作れるのですが、他にも絶対便利な工具もあるので、一緒に紹介していこうと思います。

タミヤ 薄刃ニッパー

f:id:hkn3:20191126222103j:plain

まず、タミヤの薄刃ニッパー。

ランナーからパーツを切り離すための工具ですが、もうこれさえあれば、だいたいは問題なく組み立てることが出来るんじゃない? っていうほどの、必須な工具です。
余談なんですが、私は昔、100円ショップのニッパーを使っていました。
『模型用』と銘打たれているものの、これがまた、よくパーツを抉る・・・!

普通に切っているのに、いつのまにか大きな傷がパーツに出来てるんですよ。
理由は刃先と切れ味になります。

100円ショップのニッパーは先端が太く、切れ味が悪いため(あるいはすぐ悪くなるため)切る、というより押しつぶす、という感じでパーツを切ってしまうのです。

ランナーの先って細いですからね。その微妙な違いが、プラモデルに無用な傷を付けずに、綺麗に組み立てていける差になるのです。

でも、このタミヤの薄刃ニッパーは名前の通り、刃先が薄く、切れ味も鋭いため、狙ったところだけを綺麗に切ることが出来ます。
初めて使った時は衝撃でしたよ。めっちゃ綺麗に切れる・・・! 100円ニッパーを一生懸命使っていた自分はなんだったのかと・・・。
HGガンプラひとつ分はしますが、模型をひとつ買うつもりで買ってみましょう。絶対損はしません。

 

 

それと、100均のニッパーも持っていた方がいいと思います。

何に使うかというと、作り終わった後に余るランナーを切って、捨てやすくするために。

ランナーって結構太いです。薄刃ニッパーでは刃先を悪くしてしまうの可能性がありますから。

オルフェ デザインナイフ

f:id:hkn3:20191126222926j:plain

次はオルフェのデザインナイフです。タミヤさんからも似たようなものが出てますが、別にそちらでも問題ありません。
ただ私は手に入りやすさから、ずっとこちらを使っていました。ホームセンターなどでも簡単に手に入れることが出来ます。
写真の実物に年季がありすぎるのはご勘弁ください・・・。

一言で言いますと、先端を取り変えることができるカッターです。切れ味が悪くなった時に、ぱぱっと刃先を交換することで、最良の状態を保てます。

模型製作に、切る、削る、と言った行為は欠かせないのですが、そういった作業に欠かせないのが、このデザインナイフになります。

普通のカッターじゃダメなの? と思うかもしませんが、ある程度の代用は出来ると思います。
ですが、プラって意外に固いので、使っていると切れ味はすぐに落ちていきます。そういうとき、ささっと刃先を変えて新品同様の切れ味にすることができる。
それと、実は刃先にはいくつも種類があり、作業内容によっては付け替えて使うことも。

使い手の技量に応じて、使える幅も広がっていく。今後、模型のスキルアップをしていく過程でも絶対に必要となりますので、持っていて損がない一品です。

ウェーブ ヤスリスティック ソフト 600番

f:id:hkn3:20191126223028j:plain

次は、ウェーブさんから発売されているヤスリスティック・ソフト600番です。
ちなみに、この600って数字は『番手』と呼ばれているものです。数字が小さくなればなるほど荒く、よく削れるようになります。
模型ではだいたい400~800くらいを良く使うと思いますが、やりたいことによってはもっと荒かったり細かいものを使うこともあります。体感的にはとりあえず600番があればいいかと。

パーツを切り取った後のゲート跡の仕上げに使うんですが、昔はホームセンターで買った紙やすりを使っていました。
ですが、そのヤスリってすぐに目詰まりして使えなくなる(削れなくなる)んですよね。
しかし、これはすっごいですよ。耐久力があって、HGのガンプラひとつ作っても、まだまだ余裕で使えます。

表と裏の両面がヤスリになっているのでめちゃくちゃ経済的。私は一枚では大きいので半分に切って使っていますが、いつになったら使い切るの? ってペースです。でもなくなるとめっちゃ困るからつい買い足してしまう。
ソフト、というカテゴリなので微妙にやわらかく、ちょっとした曲面にならフィットしてくれる。
使ったことが無い人は是非使って欲しい。革命的に作業効率が上がります。
余裕があるなら、400番、800番もあるといいです!

神ヤス!(またはスポンジヤスリ)

f:id:hkn3:20191126223113j:plain

基本、最初の三つさえあればだいぶストレスなくガンプラを組み立てられるはずですが、ここからは持っておいて絶対に損はしないと思う工具の紹介です。

 

まずはスポンジヤスリor神ヤスリ(800番ほどの細かいもの。でも各種番手があればそれはそれで便利)。
ウェーブのソフトスティックはある程度の微妙な曲面には対応できますが、さすがに限度があります。
ですがこれはスポンジ部分がそのまま切削部分になるため、曲面専用とも言えるヤスリになります。あと使っているとなんか気持ちいい。「パーツを研磨している」感が凄いです。

 

 

 

切れてるヤスリ

f:id:hkn3:20191126223136j:plain

続きまして、切れているヤスリ。
その名の通り、短冊状に切れているヤスリです。
紙やすりを切っても使ってもいいんですが、初めから切れているので便利です。

もちろん、番手も各種あります。

 

パーツオープナー

f:id:hkn3:20191126223612j:plain

そして次、パーツオープナー。
パーツを間違えてはめること、絶対にやります。
そんな時はだいたいカッターを隙間にねじ込んでこじ開けるんですが、専用の物をひとつもっていると便利です。
私はホームセンターで買った小さなスクレーパーを使っていますが、模型用の物もあります。

とりあえずそんな感じですね。

 そのほかに用意した方がいいもの

それとこれは個人的に思っていることではあるのですが・・・。
今や模型に使う道具は100円ショップでも似たようなものをそろえることが出来ます。

ニッパーやデザインナイフ、最近ではヤスリスティックにいた商品まで見かけました。
ですが私は、基本的にニッパーやカッターは、きちんとしたメーカー品を買った方がいいと思っています。
やはり刃物ですし、100円という値段上、安全性があまりにも不明です。特に使用頻度が高いものほど、しっかりしたものを使って欲しい。
キットと合わせても(ものにはよりますが)6000円くらいで済むはずなので、それほど高いわけではありません。ぜひ、いい物を長く使いましょう。

 

f:id:hkn3:20191126224035j:plain

逆に100円ショップでそろえた方がいいものは、カッターマット、やわらかめの歯ブラシ、先の曲がったラジオペンチ、処理したパーツをしまっておけるプラケースなどがあればいいと思います。

あとニッパーのとこでも書きましたが、ランナーを片付けるニッパーもあれば便利です。

 

f:id:hkn3:20191126224107j:plain

カッターマットは作業している所を傷付けないように下に敷いて使います。

私はもっと大きいしっかりしたものが欲しかったので、ホームセンターで購入したA3のサイズを使っています。100円ショップだと、A4が最大サイズになると思います。
歯ブラシはヤスリをかけた後の粉を払うために。堅めだとパーツが傷つきます。

ラジオペンチは間違ってはめたパーツを掴んで外すのに使います。

これとオープナーがあれば怖いものなし。(強く握るとパーツが傷つきますのでそれは注意)
他にもおすすめはありますが、とりあえずこれを買っておけば素組には困らないと思います。