ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

【30MM】 色を塗ります!(自由に)

どうも、いるです。

みなさんは「アーマードコア」というゲームを知っていますか?

フロム・ソフトウェアから販売されている3Dロボットアクションゲームなんですが、このゲームは自分の乗る機体を自分でカスタマイズすることが出来るんですね。

私は3Dアクションゲームが苦手なのでかろうじてクリアーできる程度なんですが、(ですので、AC4以降は動きが激しすぎて全然プレイできませんでした・・・)「自由にパーツを組み替える」「自分だけの機体で遊べる」というのは、この「30MM」と通じるものがあります。

ですので、今回は私がゲームの中でずっと使っていた機体の色を倣ったカラーリングにしようかと思っていました。まあ、ぶっちゃけ「30MM」で一番やりたいのはそれだったんですよね。

 

f:id:hkn3:20200114195546j:plain

で、実際、塗装をしてみたんですが・・・。

ゲームで使っていた自機アセンは黒と白のツートンカラーにしてました。正直、かっこよさよりも愛着のあるカラーリングなんですが、なんかこれ・・・悪の指揮官みたいな立ち位置で子供向けのロボット番組に出てきそう・・・。

おかしいな、ちょっとイメージと違う・・・。

 

・・・・・・・・・。

 

まあ、いいか!

ほんとうは色を変えるときって綿密にシュミレーションをしたほうがいいらしいんですが、その通りですね。勢いだけで塗ってしまうと意図しない結果に結びついてしまう。

とりあえず塗り直すのも面倒なのでこのまま行きますが、(新しい色のネタも無いですし)あとはウェザリングをして、細部をちょっとディティールアップして完成ということにします。

 

f:id:hkn3:20200114202502j:plain

ちなみに、ディティールアップに使うのはこれ。細いプラ棒を赤で塗ったものを貼り付ける「レッドポイント」と呼ばれるディティールアップです。有名ですが、やったことはほとんどありません。