ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

水性塗料アクリジョンをちょっと試してみた【検証】

f:id:hkn3:20200126231503j:plain
現在、プラモデルに色を塗る塗料は「ラッカー系塗料」が主流です。

「ラッカー系塗料」は種類も多く、性能も高いのですが、臭いがきつかったり、専用の溶剤(シンナー)を用意する必要があります。

特に、臭いがきついっていうのは大きな問題です。自分の健康を害するだけでなく、誰かに迷惑を掛ける可能性もありますからね。

私はラッカー系の塗料で塗装することが多いんですが、環境が変わればラッカー系を使うことは出来なくなるかもなー、なんてことが頭の片隅にありました。

ですが最近は臭いの少ない水性塗料も種類が増え、性能も格段に上がってきています。

そんな中で、今回は「アクリジョン」という水性塗料がどんなものか試してみました。

水性塗料「アクリジョン」の特徴

f:id:hkn3:20200127115247j:plain

アクリジョンとは、クレオスから販売されている水性塗料の一種です。

従来の水性塗料よりも更に安全性の高い水性塗料で、他にも以下の特徴があります。

①臭いがほとんどない

②乾燥が早い

③塗膜が固い

④隠ぺい力が弱い

もちろん水性塗料なので、筆を洗ったり塗料を薄めたりするのは水でOKです。(ただし、完全に乾燥してしまうと専用のツールクリーナーが必要になります)

水性塗料とはいえ多少は臭いがするものですが、「アクリジョン」はまったくと言っていいほど臭いがしませんでした。

乾燥も早く、少し待てば、かるーく触れるくらいにはなります。完全に乾くまでは3、4時間ほどでした。

乾燥した後の塗膜も固く、爪でひっかいてもビクともしませんでした。

 

ここまでは本当にいいことずくめのようですが・・・この④の隠ぺい力が弱い、というのが大きな問題です。

隠ぺい力とは「下地の色を覆い隠す力」のことなんですが、これが強ければ強いほど、下地の影響を受けずに綺麗に色を塗ることが出来ます。

そして「アクリジョン」はこの隠ぺい力のことが問題とされていました。

アクリジョンの隠ぺい力は?

f:id:hkn3:20200126231549j:plain

プラ板の真ん中に黒の油性ペンで線を引き、その上からアクリジョンを2回塗り重ねてみました。

ご覧のとおり、まったく線が隠れていません。ほとんどクリアカラーのようです。

隠ぺい力が弱いと、こういうことになります。

もっと使っている人がいてもいいのにな、と思うアクリジョンですが、あまり使われない理由はおそらく隠ぺい力が無いことが原因です。

アクリジョンの欠点を補う方法

f:id:hkn3:20200127115228j:plain

とはいえ、その欠点も『ベースカラー』の登場でかなり補えるようになりました。

 

f:id:hkn3:20200126232338j:plain

同じように油性ペンの上から2回ベースカラーを重ねてみました。

すこし線が見えますが、かなり隠ぺい力に差があるのがわかります。

もう一回重ねれば、線を覆い隠くすことができそうです。

実は黒の油性ペンって、けっこう色を貫通してきますので、使うのはちょっと意地悪かな? と思いましたが、この隠ぺい力は凄いですね。

つまり、アクリジョンを使う時は、このベースカラーで下地を作り、その上に同系色の色を乗せていくことが基本となります。

アクリジョンと他の塗料を重ね塗りすると?

f:id:hkn3:20200126233747j:plain

アクリジョンの上にエナメル塗料やラッカー塗料を塗っても、まったく問題ありません。

普通、水性塗料の上にラッカーを塗ると下地が溶けだしてくるのですが、そんなことはほとんどありませんでした。

ちなみに、ベースカラーの上に通常のアクリジョンを塗っても、同様に問題ありません。

これなら、メインの塗装をアクリジョンで行い、細かい塗り分けを他の塗料で行うことも可能です。

 

f:id:hkn3:20200126233731j:plain

ちなみにエナメル溶剤を綿棒に染みこませ、乾燥した塗料面をがしがしと擦ってみましたが、ほとんど色が落ちません。綿棒に多少色が付くかな? 程度です。

つまり、アクリジョンで塗装した後、エナメル系塗料で「ウォッシング」や「チッピング」なども問題なく行えるということです。

これは作品に幅が持てるのでかなり大きい要素だと思います!

 

結論

アクリジョンは臭いもほとんどなく、筆洗いも希釈も水でおこなえる安全性の高い塗料です。

隠ぺい力の問題はありますが、ベースカラーを使うことによって、かなり可能性の阿幅が広がりました。

けっこう癖のある塗料ですが、かなり可能性のある塗料なので、色々と試していきたいですね。

他のアクリジョンの記事

hobi-rain.com

hobi-rain.com

 

hobi-rain.com