ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

どう作る? ~プレミアムバンダイや限定品キット~

f:id:hkn3:20200427001006j:plain

プラモデルは期間限定で発売されるものや、限定された場所で発売されるアイテムも少なくありません。

ガンプラで言えば、プレミアムバンダイ限定キットや、ガンダムベースでのみ販売されているアイテムが有名です。

この記事を書いてる時だと、ユニクロがガンプラTシャツを2枚買うと限定カラーのガンプラをプレゼントしていたりします。手に入れた方はいますか?

 

こういった限定キットって、どう作るか迷いませんか?

と、言うより、もったいなくて作らない方も多いと思います。作る用とコレクション用にふたつ買う方も、きっといますよね。

もちろん、それもすっごく正しいと思います。

私も、もし限定品のキットが手に入ったら、もったいなくて作れません。

 

ただ、プロモデラーの桜井信之さんが、

「限定商品は基本的に色替えキットなので、成形色を活かした方が面白いんじゃないかな・・・」

と、そんなことを言っていたんですね。

私はその一言に、凄い衝撃を受けました。

 

f:id:hkn3:20200427203644j:plain

このバルギルのように、新しい機体が限定で発売されるのはけっこう、稀です。こういうキットなら、別に好きに作っていいと思います。

限定品の多くは、通常販売しているキットに追加の武装とか、色が特別になったものになります。

たしかに、色替えキットって、色を塗ってしまう必要ってあまりないじゃないですか。塗ってしまえば、どんな色にでもできますから。

なら、最初っから色を塗らずに、塗ったとしても部分的な所だけにしておいて、成形色を活かす方法で作ったら、すごく面白いのではないか? と・・・。

そういうことを言っていましたし、たしかにそうだな、と深く納得してしまいました。

 

成形色を活かした仕上げは、けっこう色々な方法があります。

普通に組んだだけだと、どんな人が作っても同じになります。

ですが、そうやってすこし個性を出してあげると、限定品もまた違った楽しみ方ができるんじゃないかな、と思うんですね。

 

本当のことをいいますと、私は限定キットというものにあまり興味がありませんでした。

なぜなら、プラモは作るものだと思っているから! 今でさえ作ってないプラモが山のようになっているのに、作る予定の無いプラモを買ってどうする自分!? と、そういう気持ちがあったんですね。

 

あくまで、私の考えではあります。

ただ、そういう楽しみ方があるのなら、手に入りづらい限定キットというのも、買って作ってみたくなりました。

空き箱にこだわりが無ければ、額縁に入れたりフォトフレームに入れて一緒に飾るにもいいかもしれませんね。

 

hobi-rain.com

hobi-rain.com