ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

ガンプラビギナーにお勧めな模型本4選!

f:id:hkn3:20200802202806j:plainプラモデルを上手に作りたい、と思う方は、模型の本を読んで学習しようとする方も多いと思います。

現在ではネットでいろんなことを調べることができますが、きちんとした情報がまとめられた模型の本というのも、やはり非常に役に立ちます。

世の中に多く出版されている模型の本ですが、今回はガンプラを作って間もない、ビギナーの方に読んでほしい模型本を紹介しようと思います。

はじめてだってうまくいく ガンプラ塗装の教科書

f:id:hkn3:20200728224318j:plain

おススメ度 ☆☆☆☆☆

『ビギナー向け』ですから、要は見やすくて、わかりやすいのが一番重要です。

この本の著者オオゴシトモエさんは初心者向けの模型本をいくつも発刊しており、そのどれもがわかりやすく、おすすめすることが出来ます。

ただ、この「はじめてだってうまくいくガンプラ塗装の教科書」は基本的に、エアブラシを使った 塗装方法を紹介しています。

エアブラシに挑戦してみたい! という方には絶対のおすすめですが、もっともっと初歩的なことを知りたい! という方は、

・はじめてだってうまくいくガンプラの教科書

いちばんやさしいガンプラ「超」入門

がいいと思います。

どの本も値段が安く、HGのガンプラひとつ我慢すれば購入できるのもおすすめのポイント。

 

 
 
 

NOMOKEN3

f:id:hkn3:20200728224532j:plain

おススメ度 ☆☆☆☆

この本のことを一言で紹介するなら、ガンプラ作製の『辞典』ですね。

基本的なことから、塗装方法、改修方法など、かなり幅広くの技術を紹介してあります。

正直に言って、ビギナーの方以外の方も持っていて絶対損はしない本だと言えます。

電飾の方法や、ヴィネットの作り方、完成品の保管方法まで載っていますからね。

ただ、本当の初心者の方には難しいことも多いかもしれませんので、☆四つです。(好みの問題もあると思いますが)

 

 

ガンプラ凄技テクニック~ガンプラ簡単フェニッシュのススメ~

f:id:hkn3:20200728225105j:plain

おススメ度 ☆☆☆☆☆

週末を使い、簡単に、かっこよく! をテーマに作り方を紹介する本。

どんな初心者用のものであっても、ほとんどの模型本はエアブラシを使うことが前提になっていたりします。

ですが、この本はエアブラシを使った作例はひとつもありません。(缶スプレーやイージーペインターを使った作品はありますが)

エアブラシが無くても、かっこいいガンプラは作りたい方はもちろんですが、気楽にチャレンジできる内容が多いので、全塗装をメインにするもデラーにも読んでほしい。

値段も安いですし、模型の楽しさの幅が広がるので、拳を握りしめておすすめする一冊です。

 

 

脱ビギナー ガンプラ製作+4ステップ

f:id:hkn3:20200728225438j:plain

おススメ度 ☆☆☆

まず最初に言っておきたいんですが、内容に不満があるから☆が三つなわけではありません。

この本はタイトルにもあるように、ビギナー向けというよりは、ある程度のことが出来るようになって、もっとかっこいいガンプラを作れるようになりたい、という方におすすめです。

ですので、内容はちょっと深いです。

基本的なことを更に深堀して、グレードアップさせているような感じです。

例えば、まったくホコリをかまない作例ってどうやって作っていると思いますか?

答えは、塗装した後に、ホコリがあるところを見つけて修正している、です。

「地道!」と思った方もいるかもしれませんが、プロでもそういうふうに作っているんですよね。それが知れるだけでも、自分にとってはすごく励みになりました。

基本を応用に。自分の作品を理想に近付けるために最適な一冊。

ただし、値段が高いんです! MGが買えるくらいなので、ちょっと悩むところかもしれません。

 

 

番外編  MAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き

f:id:hkn3:20200728230148j:plain

最後は番外編です。

この本、発売されたのが2002年になります。

さすがに本に載っている情報も古くなっていて、活用できるものは少ないと思います。MAX渡辺さんが100円ショップの存在に驚いていますからね。もし現在なら、100円ショップを利用しないモデラーに驚きます。

 

普通であれば模型の作り方から始まりますが、なんとこの本、模型を買いに行くところから始まります。

その後、すこしづつ大越さんがステップアップして、最終的にはエアブラシを使って全塗装のサザビーを完成させる、というストーリー仕立てとなっているんですが、当時はそれを見てどうしようもなくワクワクしていました。

読んでいて、模型が楽しい、作りたくなってくる、と感じるのはこの本が一番ですね。思い出補正も入っていますが。

現在ではすでに絶版で新品は手に入らないのですが、どこかで見かけたら「おや?」とちょっと興味を持ってくれると嬉しいです。

とてもいい本なので電子書籍とかにしてほしいんですけど、さすがに難しいですかね・・・?

 

 

以上で、ガンプラビギナーにお勧めな模型本4選になります。

自分に合った模型本は模型作りのモチベーションも上げてくれます。

Amazonのレヴューなども参考にしつつ、購入を検討してみてはいかがでしょうか?