ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

~塗装開始 サフから塗装へ~ メタルガルルモン製作④

f:id:hkn3:20200819233900j:plainさて、とりあえずサーフェイサーを吹いて全体をチェックしつつ、塗装しても問題ないところは塗り始めることにしました。

どんな色にするかちょっと悩んだんですが、基本的な個所はあまり変えない方向で行こうと思います。

使う色は?

f:id:hkn3:20200804185519j:plainメインになるのは、フィニッシャーズの『ブルーパープル』です。

これは、コバルトブルーよりもかなり赤系に寄った青になります。

f:id:hkn3:20200804191542j:plain

ですが、ブルーパープルは通常の塗料です。

このキットはウォーグレイモンと合わせてメタリックにしたかったので、合わせてクリスタルカラーの『サファイアブルー』を使うことにしました。

f:id:hkn3:20200804191724j:plainクリスタルカラーというのはクレオスさんから発売されているパール塗料の一種で、通常の塗料の上からコートすることで効果が発揮されます。

右側のパーツはブルーパープルの上にサファイアブルーを塗ったものになるんですが、それだけできらっとしたメタリックになります。

あまり使っている方は見かけませんが、クリスタルカラーは簡単にパール塗装が出来るので、興味のある方は公式サイトをご覧ください。

こちらが公式サイトになります。

値段も安く、手に入りやすいのがいいところですね。

塗り分け 赤のライン

f:id:hkn3:20200804193259j:plainこのキットは全身に赤の塗り分けがあって、それが全塗装をするにあたって、最大の難所と言えます。

ですが、ここもウォーグレイモンと一緒で、付属シールを使ったマスキングをすればだいぶ楽になります。

f:id:hkn3:20200804193349j:plainまず赤になる部分を先に塗ってしまって、その上から付属シールを貼ります。

それだけ? すごく楽じゃない?

と、思うかもしれませんが、付属のシールは粘着力が強いため、塗装したあとに綺麗にはがれなかったりと、失敗するリスクも高まります。(ですので、手の甲などに何度かくっつけて、粘着力を落とすことをおすすめ)

しかも、付属シールは基本一枚しかないため、使い直す、ということもできません。

上手くいっているかどうかわかるのは塗り終えた後です。いつもながら、マスキングはドキドキしますね・・・!

修正箇所

f:id:hkn3:20200804193947j:plainあと、サフを吹いて、合わせ目やヤスリの傷が消えかけていない部分も出ますので、修正していきました。

ここも問題なければ塗装に入っていけますね。

 次は一番厄介な合わせ目を消して、塗装を続けて行こうと思います。

 

hobi-rain.com