ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

~パーツを洗浄する そして色を決めておく~

f:id:hkn3:20200908183155j:plainHGオリジンガンダムで作る、全塗装の工程その③になります。

その①では組み立て、その②ではヤスリ掛けを行ったので、今回は塗装の下準備をしていきます。

f:id:hkn3:20200908183210j:plainその前に、まずはヤスリを掛けたパーツを洗います。

ヤスリを掛けたパーツはプラ粉によって汚れているので、このまま塗装をしてしまうとかなり見栄えが悪くなってしまいます。

100円ショップで売っているザルにパーツを入れ、中性用洗剤をちょこっと付けた歯ブラシで洗い、その後よーく濯ぎます。

f:id:hkn3:20200908183224j:plain
洗浄後です。

自分は、このあと2,3日放置して自然に乾くのを待ちます。

乾くの待っている間は別の事をしているんですが、長い間放置しすぎてホコリまみれになっていることもありますね・・・。

ちなみに超音波洗浄機を使えば楽にパーツを洗浄できるので、模型用のものも持っている方も多いようです。

 

 
ただ、超音波洗浄機は安くても4000円~7000円前後します。
プラモデルに使うなら、けっこう高い買い物になってしまいますね・・・。

色を決める

f:id:hkn3:20200908183249j:plain

パーツを乾かしている間は基本的に自由行動ですが、使う色についてはここで考えておいた方がいいと思います。

今回は普通のガンダムカラーで塗りますが、ガンダムはG3カラーやプロトタイプカラーといったカラバリもあるので、どうするか考えるのも楽しいですね。

もしその色で塗りたいと思ったら、ネットで資料を集めたり、使う色を用意しておくとスムーズに作業が進みます。

ちなみに、今回用意した色はこちらです。

白はクレオスのクールホワイト。

赤はフェニッシャーズのブライトレッド。(またはガイアのフレイムレッド)

青ガイアのコバルトブルー。

黄色はガイアの橙黄色。

関節はナスカのメカサフ・ヘヴィ。

自分の場合、ガンダム系の色だと大体この色を使います。

武器はまだ決めていませんが、関節の色よりも薄いグレーか濃いグレーのどちらかを使う予定です。

 

さて、ここまで決めればあとはパーツが乾くまで自由です。

気分転換に別のプラモを組んでみたりするのもいいですね。

なんとなく、ここが一段落する場所です。