ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

どうする? 『円形』のマスキングをする方法

f:id:hkn3:20201001004106j:plain塗装をする時、余分なところに塗料が乗らないように保護することを『マスキング』といいます。

f:id:hkn3:20201009191503j:plain

そのための専用シールのことを『マスキングテープ』(または養生テープ)と言うんですが、そういったテープは基本的に、直線、しか隠せません。

もちろん、マスキングテープはカッターで好きな形に加工することが出来ますが、綺麗な円形を切るのは至難の業です。

 

ですが、一番最初の写真のように、バーニアの様な『円形』をマスキングしたい場合も出て来ると思います。

そういったときは、『ハトメ抜き』や『円形マスキングシート』を使えば簡単にマスキングをすることが出来ます。

 『ハトメ抜き』を使う場合

f:id:hkn3:20201001002154j:plain

まずはこの『ハトメ抜き』(またの名を穴あけポンチ)を使う方法です。

 

f:id:hkn3:20201001002141j:plain

使い方は簡単。

ハトメ抜きは円の形に刃があるので、マスキングシールにぐいっと押し付けるだけです。

 

f:id:hkn3:20201001002313j:plain

そうすると、このようにマスキングテープを円形に切り抜くことが出来ます。

本当であれば金槌のようなもので、上からトントンと叩いて使用するのですが、マスキングテープくらいなら手で、ぐっと押しても切ることが出来ます。

ただ、少し力は入れなければいけないので、怪我には注意してくださいね!

 

f:id:hkn3:20201001003730j:plain

もちろん、切り抜いた方も縁も両方使うことが出来ます。

プラモデルの円形は『径』というのがある程度決まっているので、意外とぴたり、と決まるんですね。 

ちなみにハトメ抜きは100円ショップでも買うことが出来ます。

見た目は工具っぽいんですが、本来は革製品に穴をあけるものなので、手芸コーナーにあったりしますね。

ただ、100円ショップで売っているハトメ抜きは、大きさの種類は少ないです。

もしたくさんのサイズが欲しいのであれば、専門の物を購入した方がいいかもしれません。

 

 

円形マスキングシールを使う場合

f:id:hkn3:20201001133932j:plain

次は『円形マスキングシート』を使う方法です。

実は、円をマスキングするシートが「ハイキュー」さんというメーカーから販売されています。

 

f:id:hkn3:20201001134026j:plain

サイズはS・M・L・XLと4種類。

写真の物はSとMですが、最少は1ミリサイズから用意されています。

ちなみにLサイズは4.8㎜~6.0㎜。

XLは6.2㎜から7.6㎜までのサイズがあります。

 

f:id:hkn3:20201001134616j:plain

こちらも、縁と本体、両方使うことが出来ます。

シートからはがして貼るだけなので、ものすごく簡単です。

市販されているだけあって、精度も問題ありません。

ハトメ抜きだと、手で作業するので、どうしても切り抜きにがたつきが出てしまうことがあります。

 

f:id:hkn3:20201001134741j:plain

実際、バーニアにマスキングシートを使ってみました。径も、ほぼぴったりです。

あとは、はみ出たところを普通のマスキングテープで覆ってあげて・・・。

 

f:id:hkn3:20201001134752j:plain

エアブラシとエナメル系塗料を使えば、簡単に塗り分けることが可能です。

そして、このマスキングシートは値段もかなり安いです。

記事を書いている時点で、ハイキューさんの定価ではS~Lまでが税抜で200円。XLが300円となっています。

円形のマスキングはそれほど使う機会はないと思うので、一枚あればここぞ、という時に活躍してくれるはずです。

 

普通のマスキングテープでは難しい円形のマスキングも、道具を使えば簡単にやることができます。

ハトメ抜きはひとつあれば無限に円形シールを作りだせますし、精度の高いマスキングシートも値段が高いものではありません。

もし役に立ちそうと思いましたら、100円ショップや模型屋さんに行ったときに探してみてくださいね。