ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

『究極』のニッパーの印象は? 【アルティメットニッパー・レビュー】

f:id:hkn3:20201112190639j:plain

ゴットハンドさんのアルティメットニッパーを購入しました。

プラモデル用のニッパーで最高峰の性能を持つと言われ、愛用しているモデラーさんもたくさんいます。

ただ、値段が高く、人気もあってなかなかに入手困難な状況です。

自分もずっと欲しかったんですが、ようやく手に入れることが出来ました・・・。

この機会をくれたニパ子には感謝ですね。

使用感覚について

f:id:hkn3:20201112191812j:plain

とりあえず使ってみました。

アルティメットニッパーは二度切りが推奨されているので、まずはゲートから少し離れたところを狙ってパーツを切り離します。

最初にランナーを切った時点で「すご!」と思いました。

ランナーを切った感じが全然違うんですよ! ぬるっというか、スパッていうか、とにかく凄い!

f:id:hkn3:20201112192116j:plain

そして余ったランナーを切るわけですが、ニッパーだけでほとんどゲート処理が出来てしまいます。

ただ、自分の場合、ネットで良く見るような、ほとんど白化しないような切れ方はしませんでした・・・。

ただ、これはアルティメットニッパーの性能ではなく、自分の使い方(慣れ?)の問題ですね。

f:id:hkn3:20201112195451j:plain

公式の方でも、アルティメットニッパーの使い方をユーチューブに上げていたりするので、やはり普通のニッパーとはすこし違うみたい。

自分の場合、白化しないどころかパーツに密着させすぎて、えぐってしまうことが何度かありました。

ゲートを綺麗に処理するにはパーツと刃先を密着させなければいけないため、使いこなす必要がある工具と言った感じです。

 

f:id:hkn3:20201125200651j:plain

ただ、その後なんどかパーツを切っていくと、ほとんど白化しない様な切り後にもなったので、慣れてくるとかなりゲート処理の時間は短く出来そうです。

アルティメットニッパーの懸念点

f:id:hkn3:20201112191647j:plain

ちょっと使ってみたくらいですが、切れ味はさすが、話に違わぬ性能です。

ネットで良く見るランナーを試し切りした写真ですが、見事なものですよね。

ただ、デメリット言いますか、懸念点があるのも事実です。

懸念点その① この切れ味がどこまで持つのか?

究極のニッパーもやはり刃物ですので、使っていると切れ味は落ちていくと思います。

発売は2011年と、10年近い間モデラーに愛用されているため、それほど心配はしていませんが、2、3個キットを作っただけで、調子が悪くなってきたよ、だとちょっとコスパは悪いですよね。

懸念点その② 繊細ゆえに、壊れやすい、という事実がある

と、いいますのも、アルティメットニッパーは繊細な工具なので、使い方を間違えると簡単に壊れてしまうそうです。

ネットでも、「折ってしまった」という話をたびたび聞きます。

 

ただそれなら、使い方の問題もあるので、

「使い方を間違えると折れてしまうよ」なら、気を付けて使えばいい話です。

ただ、「メンテナンスをきちんとしていないと、すぐに切れ味が悪くなるよ」だと、ちょっと面倒かもな、と思ってしまうんですよね。

実際、ニッパー用のメンテナンスオイルも販売されていますし、一か月に一度は油を注してあげた方がいいみたい。

自分はタミヤの薄刃ニッパーをほとんどノーメンテナンスで使っていたので、できれば同じような感覚で使いたいんです。

とりあえずこの2点が、自分が使っていて懸念に思った点です。

購入した時の余談

f:id:hkn3:20201112190659j:plain

この記事を書いている2020年11月の時点で、ゴットハンドさんのアルティメットニッパーはかなり入手困難となっています。

自分は公式のツイッターで再販の情報を聞き付け、当日は販売ページで待機。

再販時刻の21:00と同時にF5キーを連打し、「カートに入れる」が表示された瞬間、カゴに入れて購入しました。

正直、画面前待機とかやりすぎじゃないかな・・・? と思っていたんですが、5分で完売したらしいですね。私は運がいい方だったんですよ・・・。

 

使いこなせれば、モデラーの強力な味方となる究極ニッパー。

しばらく使ってみて、また感想を上げようと思います。

 

 

 

記事の中でも書きましたが、アルティメットニッパーは人気が高く、入手が困難な状況です。

定価は4800円なんですが、各所で倍近い値段で転売されていたりします。

凄まじい性能を持つニッパーではあるんですが、絶対に必要なもの、ではないと思うので、欲しい方は公式のツイッターをチェックして、再販を待つことをお勧めします。