ホビーライン!

~時間が無くてもガンプラを作っていく~

【2020年版】~現在の塗装環境を紹介してみる~

f:id:hkn3:20201008184405p:plain

他のモデラーさんの製作環境って気になったりしませんか? 私はすっごく気になります。

なんかワクワクしますよね、他のモデラーさんの製作環境を見るのって。

模型環境って人それぞれなので、皆さんそれに応じて工夫しています。

プロの方だと思わず真似したくなるところも多いですし、(大体は凄すぎて真似できませんが)見たことの無いマテリアルを見つけて興奮することもあります。

自分に合った作業環境を作れると、もっと模型作りが楽しくなると思います。

そういうことで今回は、参考になるかはわからないんですけど・・・・! 2020年10月現在、自分の塗装環境を紹介してみようと思います。

塗装環境

f:id:hkn3:20201008115456j:plain

現在、自分の塗装環境はこんな感じになっています。

①塗装ブースはタミヤの『ペインティングブースⅡ シングルファン』。

 塗装環境の中心。シングルだと色々言われていますが、自分の環境では全然問題ありません。

 ニトリで売っていた小さなテーブルの上に塗装ブースを置いて、地べたに座り込んで塗装しています。

 ②100円ショップで売っているダンボール。

 この中に予備の溶剤やマスク、使ってないスペアボトルや缶スプレー(ほぼサーフェイサー)などをしまっています。

③塗料棚

 塗料をしまっている棚。主に一番上がクレオス、二段目がガイアノーツ。三段目は底が深いので、ガイアノーツのEXシリーズやナスカのメカサフなどを入れています。

 本当であれば、ここにデスクライトがあったんですが、床に落として壊しました・・・。塗装中はけっこうパーツに影がかかるので、新しい物を買わないと・・・。

④プラ製のトレー

 床を汚さないよう設置。

 しかし、よーく見るとすでに汚れているという・・・。精一杯の抵抗をしてはくれましたが・・・。灰皿は洗浄した溶剤を捨てるところです。大きさがちょうどいいんですよ。

⑤塗料入れその2

 主にフィニッシャーズを入れています。③の棚に入りきらなかったので・・・。

 これ以外にもエナメル塗料だけを入れたケースもあります。

 

塗装環境の主役であるタミヤのシングルファンは、別に記事があります。よろしければご覧ください。

hobi-rain.com

 

 

塗装環境周辺

f:id:hkn3:20201008120110j:plain⑥塗装の持ち手を入れておくケース。

⑦塗装した後、持ち手を指しておくファイルスタンド。

エアブラシ塗装必需品。このふたつはこちらの方でも記事にしています。

hobi-rain.com

⑧塗装でよく使うものをしまっておくケース。

 主に、洗浄用の筆とか、予備のハンドピースとか、塗料皿とか・・・。

⑨ティッシュ。

 見ればわかるよ! という方もいるかもしれませんが、けっこう重要です!

 ハンドピースの掃除は、ティッシュではなく『キムワイプ』というものを使う方もいます。

 ティッシュでハンドピースを掃除すると、カップに微細な繊維が付いてしまって、塗装をしたときにホコリとしてパーツに付着してしまうことがあるんですね。

 キムワイプはそういった繊維が付かないので、ハンドピースの掃除には適している、と言われています。

 ホームセンターのペンキ売場の近くに売っていたりするんですが、ちょっと値段が高くてですね・・・。

 それに、塗装中はどうやってもホコリが付いてしまうので、カップを洗う時にホコリが付かなくてもそれほど変わりないかな? なんて思っていまして・・・。

 こだわる方はキムワイプを。自分は今のところティッシュで十分かなーと思っています。(ただ、どんなものなのか一度使ってみるのもいいですね)

 

 
 

f:id:hkn3:20201008115820j:plain

あと大事なのは、これです。クレオスの『排気口アタッチメント』ですね。

排気ホースは窓から外に出す必要がありますが、これを使えば窓の開きを最小限にしてくれます。

壁に風穴を開けて、直接ホースを外に出す猛者もいますが、さすがにそれを出来る方は稀だと思うので・・・。

ちょっとは窓を開ける必要はありますが、あるとないとは段違いですね。

 

f:id:hkn3:20201008115836j:plain

ちなみに、カーテンを巻く帯? みたいなもので固定して使っています。

窓で挟み込むだけだと安定性に欠けるんですよね。

これを思いついたときは天才だと思いました(笑)

 

 

使用しているコンプレッサー&ハンドピース

f:id:hkn3:20201008191450j:plain

使用しているコンプレッサーは『Mr.リニアコンプレッサーL5』です。

説明不要なくらい定番な超ベストセラーなコンプレッサーです。普通に模型を作っていて、困ることはほぼありません。

自分が買ったのはセット品で、ハンドピースは一緒に付属していたものを使っています。(他にも口径が0.5の物もあり)

エアーレギュレーターはありません。買う予定はあるんですけど、無くても塗装は全然できるので、先延ばしになっているっていう。

 

 

終わりに

以上で2020年の塗装環境紹介でした。

最初からこんな感じだったというわけではなく、自分に合うように、ちょっとずつ環境を変えてきました。

心掛けていることは色々ありますが、とりあえずストレスなく塗装をしたい! っていうのがコンセプトです。たぶん、今後も少しづつ変わっていくと思います。

もし、すこしでも参考になる所があったら幸いです。それでは。